頭を坊主にした子供時代

こんにちは、とこしえです。今日は、

コンプレックス

についてお話したいと思います。

例えば、自分の顔があまり好きじゃないとか、腕に火傷の跡が合ったり、毛深いとか、人それぞれコンプレックスってありますよね。

ましてや、しばらく恋人がいないとか、結婚したいのに、なかなかできない・・・こうなると、どんどん恋愛や結婚に対する自信ってなくなっていってしまいます。

私も、自分の顔は好きではありませんでしたが、恋愛をしていくうちに、私を好きだと言ってくれる人が居る事で、顔に対するコンプレックスは消えました。

まだあります(笑)私は、幼少期、頭を火傷し、小学生の頃、頭を坊主にして、手術しました。

手術して小さくはなりましたが、手術跡は、残っていて、いつも髪を整えるときは、いかにこの部分を隠すかを気にします。独身の頃は、髪をまとめ髪にしたり、パーマをかけてごまかしたり。

小学6年生の女の子が、髪を坊主にするって、ものすごく嫌な事でした。かつらもかぶりました。でも、30年近く前のかつらは、いかにもかつらがバレバレで、低学年の子たちに頭を引っ張られたり、指をさされたり、「あれ、かつらでしょ!」と心無い言葉に傷つき、早く、小学校生活が終わればいいのに、とそればかりを祈って生活していました。

今なら、かつらかぶらないで、坊主頭で行けば良かったかな、と思いますが、小学生の女子に、そんな勇気はでないでしょう。

でも、その経験があるから、精神的に強くなれたし、コンプレックスのある人の痛みが分かります。

コンプレックスがあるからって、自信をなくす必要はないと、私は思います。

だって、どんな人だってコンプレックスあると思うんです。

例えば、よくドラマで、ルックス、性格問題ないけど、母親が、どうしようもない人で、母親コンプレックスとか、家族に障害者がいて、それがコンプレックスとか・・・。

コンプレックスは、誰しもが持っていることを理解して、自信をなくさない!重要です。

問題なのは、コンプレックスがあって、結婚に対しても自信をなくし、負のオーラを漂わせっちゃってる。そんな人には幸せはやってきません。

自分に自信を持って、前向きに生きる事。そんなあなたなら、イイと言ってくれる人は現れるはずです。素敵な方がイイと言ってくれたら、トントン拍子で話が進むんですけどね♪

それでも、自信が持てない方は、相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせくださいね!

北海道内で結婚を真剣に考えてる人、まずは、お気軽にご相談ください。

結婚相談所 永恵~とこしえ のHPはこちら↓

https://tokoshie-kekkon.jimdofree.com

ご覧くださった方は、下のバナーをポチッとお願いします♬


にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です